中学受験をするのは当たり前ですが小学生です。まだ親のサポートも大事ですし、子供のやる気を引き出してあげるということはさらに大事なことです。それができる塾を選ぶということがまず大きなポイントとなってくるでしょう。
息子が中学受験を決めたのは3年生の2月です。そこからまず塾を選ぶことから始めたわけですが、競争心も比較的強いタイプだったこともあり、集団授業を行う大きい塾を選びました。その方が周りにもまれてやる気が出てくるのではという思いもあったからです。それがとても合っていたようで、成績がぐんぐん上がっていきました。テストも多い塾だったこともあり、常に戦闘態勢だったこともありますが、それがテスト慣れということにつながっていたように感じます。
中学受験は親もとても大変ですが、保護者面談などもマメに行っているところですと、これからどういった学習をしていくのか、また受験についてのノウハウなども知ることができましたし、そういった面でもシステムがきちんとしているところを選んで正解でした。
受験も成功しましたし、教師との相性が良かったということも関係していたのかもしれません。高いレベルの教育を受けることができる私立に入ることができてよかったです。

Comments closed.