私の娘が、中学受験をしたいと言い出したのが五年生に上がった直後のことでした。担任の先生が少々問題のある方で、クラスメイト達も全く落ち着きがないなど、小学校の環境そのものが嫌になってしまったようでした。その話を聞き親としてもやはり子供にはより良い学習環境を与えたいと思い、中学受験を受けさせることを決めたのです。
そこで徹底的にこだわったのが、塾選びでした。娘との相性が良く、かつサポートが手厚い所に入れることが、一番の合格への近道だと思ったためです。すでに受験を始めるにしては時期は決して早い方ではありませんでしたが、それでも様々な場所をまわり、ようやく一番親子共に納得できる個別指導塾を見つけました。
娘のために独自に学習プログラムを作り教えてくれる個別指導塾ならば、効率よく勉強が出来ます。また分からないところは徹底的に教えて貰えるので、塾での学習時間を徹底的に活かすことが出来ると思いました。これが娘には非常に合っていたようで、成績はぐんぐんと伸びて行き、結果素晴らしい学校から合格を頂くことが出来ました。
始める時期が遅いとつい焦ってしまう中学受験ですが、子供の学力の伸び方は塾との相性や先生の腕によるところが大きくあります。ですので、しっかりと見極め選ぶことが、合格への早道になると思います。

Comments closed.